FC2ブログ

バリのひと雫

* 写真家 加藤文太郎が、「直観」による写真と言葉で独自の表現をする 作品集。 大きいサイズの写真を使用。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コトバの威力とは?









kotoba.png








 この世は増々乱世の様相を呈しているが、歴史を顧みるまでもなく、西欧文明(物質社会)に嫌気をさした最近の若者達はヨーガや禅、又は神秘思想に傾倒している。
又、日本古来の言霊、ヒフミといった、「言葉」の神秘性や威力を唱えるものも少なくない。

 しかし、「コトバ」自体にそんな力があるわけでは無い。
 なぜなら、同じ言葉が、人それぞれの受けとり方で様々に異なるものだからだ。

 もし「コトバ」というもの自体が積極的に力を振るうものであれば、誰が聞いても同じ効果を示す筈である。

 しかし、ある者には宝物、ある者にはゴミの如くに受けとられるということは、問題は、その「コトバを発した人」の波動量と、大いに「受けとる側」に、その波動の共鳴(ヒビキ)や共振波動(ヒビク)量がどれだけあるか?ということである。

 
 

 



 

 
スポンサーサイト

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2014/01/28(火) 22:36:33|
  2. 文写家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタヨリや、ヒズミの 「美」

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  1. 2014/01/24(金) 01:58:14|
  2. バリの彩

月夜のヨーガとドヤナ、そしてアウツヘーベンに想ふ












tsukiyo.png








今世界的に、ヨーガのムーブメントが在り、ここバリ島の山間の観光地でもヨガファッションに身を包んだヨギ風の観光客が闊歩している。

しかし、もともとヨーガとは古代のインドアリアン人が考えだした哲学(弁証法)であることは知られていない。

人類最高の真理として、一時インド全土からシナや日本まで伝承された仏教は、そもそもヴェーダ、ウパニシャッド以来、ヨーガとドヤナの交替と進行を繰り返した挙句、釈迦という天才によって人間の思想として始めて真の解決(正覚の体験)を得たのだ。
だが、それはあくまでも個人的境地の発揮で終わり、仏教としては彼の死後、テーゼとアンチテーゼに対する涅槃空といわれる小乗のヨーガ的アウツヘーベン、その後中観と言われるドヤナ、世親のヨガ(唯識)と登りつめたが、行き詰まり、インド全土から仏教は消滅したという歴史がある。

今日、弁証法哲学が衰退し、影をひそめてしまって久しいのであるが、しかし、「弁証法」という言葉を用いようが用いまいが、人間の思考の方法は、ヨーガ的、つまり現象的かドヤナ的、つまり精神性しかないのであり、ヨーガが流行ると次はドヤナになり、その後、また次のヨーガが出るという五十歩百歩の道を繰り返すしか無かったのである。

しかし、冷静に観れば、その内容がいかに博学多識であろうが、弁証法で説明できる今日までの宗教や哲学は、厳しく言えば、人類を救う真理ではあり得なかったということになる。

なぜなら、その証明を、三千年に渡って見せられているではないか。

現代人がそれら「弁証法」を捨ててかえりみなくなったのも、ヨーガとドヤナが、過去極限まで登りつめ、別のテーゼを見出すエネルギーが無い事を物語るものである。

歴史はこうして大きくも、またくり返し、今のヨガブーム(現象的)の後には、おそらくドヤナ的なものが現れるのであろう。
人々の生命のアウツヘーベンは、この先何処へ向かうのであろうか。



                                       Ubud山間の庵にて









テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2014/01/20(月) 02:44:13|
  2. 文写家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅 -インナートリップ-

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  1. 2014/01/17(金) 01:56:30|
  2. 文写家










ニホンゴというのは、マコトに面白いモノである。

元気のキ、意気のキ、生気のキ、息のキ、等の気は、目に見えないが、気と一言、言うだけで誰でも解るモノを表して居る。
そして、前後の語句の変化で関連性を持ちながらも、変転して行く。

世界中見渡してみても、このような一つの語句に、意味を持ち、しかも変転するようなコトバは無い。










ki.png









テーマ:心象風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/10(金) 08:53:45|
  2. 文写家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミソギ

 * 写真家、加藤文太郎が、「直観」による写真とコトバで独自の表現をする作品集。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  1. 2014/01/06(月) 00:23:27|
  2. 文写家

生命を観る

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
  1. 2014/01/04(土) 02:56:52|
  2. 文写家

新年













270.png












テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2014/01/01(水) 13:24:13|
  2. 文写家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。