FC2ブログ

バリのひと雫

* 写真家 加藤文太郎が、「直観」による写真と言葉で独自の表現をする 作品集。 大きいサイズの写真を使用。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カムとカミについて

潜象の存在は光以上の超高速で、大宇宙空間に波及する。その力を「アマハヤミ」として縄文前期の日本人は感覚してきた。アマとは、「アらゆるもののハジマリ」としての始元量で、目に見る事は出来ぬが、全てのものを生み、育て、そして又、全てのものがそこへ還ってゆく、と言う思念である。彼らは、そのアマが微分された「アメ」の状態で、宇宙の全域に密充填的に敷かれている様相を観じ、又、そのアメの濃淡からウヅマキ流が起こる。アマの微粒子「マリ」は変遷して、サヌキ(男電気)とアワ(女電気)の電気粒子となって、マクミ(磁気)やカラミ(力)を現し、又、『全ての物質の中に入り込んで』、例えば原子核や細胞核のようにその生命を支配し、又、アマウツシの実体として、自分たちの心身に絶えず交流していると観じた。アマの微粒子「マリ」は変遷して、サヌキ(男電気)とアワ(女電気)の電気粒子となって、マクミ(磁気)やカラミ(力)を現し、又、『全ての物質の中に入り込んで』、例えば原子核や細胞核のようにその生命を支配し、又、アマウツシの実体として、自分たちの心身に絶えず交流していると観じた。日本語は〈アマ〉と言う言葉で、アマ始元量を表すと同時に、女性もアマであり、天も海もアマと呼んだのであろう。
アマは宇宙球全体に遍満して〈マ〉を構成する始元量であり、〈アメ〉はその微分を示し、〈マリ〉はその結球を意味する。それは目に見えないまま、左マワリ右マワリに旋転し、集合したり、融合したり、重合したりして〈マ〉全体に渦巻いている。そして宇宙の環境条件に応じて、マリは電気粒子〈イカツ)となって「現象界」に表れ、磁気や力の位相を有ち、モコロを構成し、次第に目に見える諸現象、則ち、天体や天体上の諸物質をカタチづくる「元素」へと変遷してゆく。彼らは、潜態の中に更に、根元的なアメ(マの微分)とマリ(マの結球)を感じ分けている。文献には、商業の契約や、戦争の記録、又はウラナヒや呪詛的、神秘思想的なものは全くなく、彼らの直観した〈イノチ〉のサトリと、そのサトリに基く〈クラシ〉の知恵がイキイキと歌われている。カミ・カム。上古代人の〈カミ〉とは「神」ではなく、川の流れの源を「川上」と言うように、そのモトを「カミ」へ「カミ」へと遡って、その本質をあくまでも知ろうとする思念である。〈カム〉とは「カタチが見えぬ」と言う意味である。一般に「見えない」と言う時は、形が小さすぎて見えない場合も、大きすぎて見えない場合もある。
その意味では、アマも、アメも、アマヒもカムであり、更にそのアマのモトはカミ。縁会って、ここにこられた読者に於かれましては、どうか、「ミ」を入れて、カタカナ(日本語)に生命の発生の物理(潜象物理)を込めて創りだした、我々の祖先の思念を感受していただきたい。

AMAGUMO
関連記事
  1. 2015/12/20(日) 01:09:40|
  2. 文写家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | モノとナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunshakan.blog.fc2.com/tb.php/100-4484029f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。