FC2ブログ

バリのひと雫

* 写真家 加藤文太郎が、「直観」による写真と言葉で独自の表現をする 作品集。 大きいサイズの写真を使用。

ニュピの夜













ニュピは、サコ暦の祭礼日で日本の正月にあたる。
サコ暦は、月の満ち欠けと密接な関係がある太陰暦で、1年の穢れを払い浄める。


労働(アマティ・カルヤ)、通りへの外出(アマティ・ルルンガン)、火の使用(アマティ・グニ)、殺生(アマティ・ルラングアン)などが禁じられ、本を読む事さえ禁じられる。
精神を集中させ、世界の平和、最高神イダ・サンヒャン・ウィディに祈るのが、バリ人の信仰するヒンドゥーの祭礼だ。










NYEPI.jpg









外出が一切禁止されるということで、バリ島全土の交通機関は止まる。
驚く事に、国際線を含む空港の離発着も、この日だけは例外なく全て休止となり、
バリ島全体が、人間の行う一切の挙動を禁じられ、静寂につつまれるのだ。

バリ島は、電車やバス等の交通機関が発達していないため、人々の足となる車やバイクが、相当な排気でこの島の空気を汚しているが、この日だけは5,60年位前のバリ島の空気につつまれるわけである。






実際に体験してみると解るが、人間以外の世界がなんと静かで美しいことか。
往昔の人々が、自然に畏怖を抱き、感謝する気持ちをもつということが、体感できる。


個人的には、一年に一度くらいは世界中で執り行われても良い祭礼だとは思うのだが。。














関連記事
  1. 2014/04/01(火) 01:29:33|
  2. バリの日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<現代人の眠れる脳 | ホーム | 星港夜光>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/04/23(水) 02:33:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bunshakan.blog.fc2.com/tb.php/74-c8a2ae5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)